■Vol.035(2010年4/7更新)

通称:アラグアイア レッドシャープリーフハイグロ
学名:Hygrophila sp.
科名:キツネノマゴ科
分類:双子葉
原産:ブラジル アラグアイア

成長形式・増やし方:匍匐型。はいながら成長し、枝わかれする。トリミングして差し戻しても増やせる。縦に延びた場合はトリミングして差し戻すこともできる。

 or

光量 :強
特記 :弱酸性〜、20〜28度、CO2添加

育成ポイント:弱酸性、CO2添加、強光下、ソイルの底床でよく匍匐して育つ。

 

葉は、幅4〜6mm、長さ4〜6cm。育成環境で葉のサイズはかわる。最大限の葉長からいえば大柄だが、細葉のためそれほど大きくは感じない。

弱酸性、強光、CO2が十分ならばよく匍匐する。密生するとロゼット型のようなイメージで、あまり類のない赤い草むらとなる。また、前景のアクセントや中景に密生させたりとアイディア次第で面白い使い方ができるだろう。

他の赤系有茎草は赤色を保つのに環境に左右されやすいが、本種は草体そのものが赤系のようで条件が整えばさらに赤みが増す。h_ahli

 

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
メールは、ao★grassyaqua.com(★の部分を@に変えてください)
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.