GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Technical
←Top Page
 ←Title Page
 Skill[技能]
 光のことを考える
 水草育成の照明
 水質の基本
 水質の調整
 底床について
 添加剤や肥料について
 管理スケジュール
 機具について
 CO2添加方式図鑑
 メンテナンスの道具
 Size90のフィルター
 レイアウト素材:流木
 小型水槽マスター
 Diy[自作と工夫]
 底床ベース1
 底床ベース2
 魚の捕獲器
 冷却ファン
 低温対策パイプ
 流木レイアウトの組み
 AXY450ライトの改造
 Co2強制添加器(1)
 Co2強制添加器(2)
 小型水槽の保温
 ミニS水槽のセッティング
 MB200のセッティング
 Accident[問題と対策]
 白点病記
 白点病対策ー最新
 水草導入でエビの危機
 シダ病
 コケとの闘い(1)
 コケとの闘い(2)
 油膜
[自作と工夫]AQUARIOR MB200のセッティング
(2009年7月3日更新)

20cmキューブ水槽のシステムをオールインするキャビネットの構想は、実はもう何年も前からありました。その時は現実的に通常のウッドキャビネットと同じ構造にするか、プラ板で箱を作って左右か背面に簡単に器具の目隠しをするか、などと考えていたのです。しかし、ウッドキャビネットタイプにすると小型なゆえに板の厚さで内部スペースが狭くなってしまうことがネック。プラ板の案は、平置きすることになってどうしても倍くらいの設置スペースが必要になってしまいます。こうしたことで、なかなか実行に踏み切れませんでした

 

■企画発案

ところが『ミニS水槽のセッティング』でMetal Towerを制作したことで、ステンレス素材に着目。ここにきて20cm水槽用キャビネットの構想が再浮上しました。制作にあたっては、強度、簡素構造、低コストを念頭に、実製作に協力いただいている株式会社サステックさんと試行錯誤の結果、ようやくこの『AQUARIOR Metal Box(MB)200』が完成。 私が長年描いていた20cmキューブ水槽システムが実現したのです。

 

アームライトには「コトブキ/ピクシースノー」を採用。とてもマッチ。最近の製品はワット数が少なくても明るいですね、14Wながら20cmキューブ水槽の水草育成には十分です。

 

■製作コンセプト

(1)シンプルキューブキャビネット/ キャビネット内に小型外部フィルター、CO2システム、タイマー等、水槽維持に必要なシステムをすべて納めることが前提。背面やどの角度でも観賞できるクオリティ。

(2)コンパクトサイズ/卓上、サイドボード、玄関、トイレ、洗面所など、あらゆる生活スペースに設置できるように、できる限りコンパクトサイズに設計。

(3)選べる照明器具/水槽に直接設置できる手軽なアームライトから、電球の色温度や照度にこだわることができるクリップライトにも対応。

 

■20cmキューブ水槽のシステムについて

キャビネットのサイズを決定する要は、フィルターとCO2システム(小型ボンベとレギュレーターを組み合わせ)の高さでした。フィルターはGRASSY AQUAでも実績があることからやっぱり「スドー/エデニックシェルトV2」です。また、ほぼ同等サイズの「ニッソー/パワーキャニスターミニ」も使用可能です。CO2システムもやはり『CO2 System Set』を採用。一応、ADAアドバンスシステムも収納できることは確認しました。

設置状況は下記図を参照ください。

CO2 System set』を使用するにあたってのポイントは、「直添キットのCO2添加チューブ接続部分」をできるだけ上向きに設置することです。

この20cmキューブ水槽のシステムはフィルターからの排水配管の距離が短いことから、CO2が溶け込む余地が少ないデメリットがあります。そのため「直添キットのCO2添加チューブ接続部分」をやや上向きに設置することでCO2が直添キット内に貯まり、そのスペース内で水流によって溶け込むことを狙っているのです。重要なのは、CO2の添加量を極力少なく調整することです(10秒/1滴程度)。

配管にもポイントがあります。『CO2 System Set』に附属の器具の他に「L型ジョイント10mm」2つ、「L型ジョイント12mm」1つ、「異径ジョイント10mm←→12mm」1つを準備すると無理なく完璧な配管ができます(上の上面図内の赤字の部分です)。ちなみに『CO2 System Set』の注文時にオプションでそろえることができます。

 

■AQUARIOR MB200のセッティングに必要な機器リスト
※1年を通して必要なすべての器具をセレクトしてみました。
20cmキューブ水槽(1,500円程度〜)
AQUARIOR MB200(価格8,500円)
コトブキ ピクシースノー(定価4,200円)
ADA Do!aqua バイオレットグラス・ミニ出水用MP-1(パイプ径10mm、定価3,360円)
ADA Do!aqua バイオレットグラス・ミニ吸水用MV-1(パイプ径13mm、定価3,990円)
ADA NAサーモメーター J-05CL (ガラス厚 5mm用、定価997円)
SUDO エデニックシェルト V2(定価7,350円)
ジェックス 冷却ターボファン コンパクト(定価3,780円)
エヴァリス EVサーモ100C(販売価格3,000円前後)
トリオコーポレーション マルチパネルヒーターミニ8W(定価3,187円)
CO2 System Set CO2 System set(9mm対応/定価13,420円)

透明ホース 9/12+12/16([CO2 System Set]オプションより、定価380円)

L型ジョイント10mm([CO2 System Set]オプションより、定価230円)×2

L型ジョイント12mm([CO2 System Set]オプションより、定価250円)

異径ホースコネクター10mm←→12mm([CO2 System Set]オプションより、定価260円)

3口プラグアダプタ(100円前後)
3口タップ(1,000円前後)
合計
約55,734円

ということになります。

ほぼ定価で計算していますが少なくても、ライト、フィルター、冷却ファン、パネルヒーターは定価より販売価格が約マイナス7,000円ほど予測できます(私の調べでは)。そのぶんを好みの底床材、水草、魚へあてたとして、上記の合計金額以内におさまる感じです。『ミニS水槽のセッティング』と比べれると半分くらいの予算で、パーフェクトなシステムが完成。さて、あなたのライフシーンにいかがですか?

 

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.