GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Technical
←Top Page
 ←Title Page
 Skill[技能]
 光のことを考える
 水草育成の照明
 水質の基本
 水質の調整
 底床について
 添加剤や肥料について
 管理スケジュール
 機具について
 CO2添加方式図鑑
 メンテナンスの道具
 Size90のフィルター
 レイアウト素材:流木
 小型水槽マスター
 Diy[自作と工夫]
 底床ベース1
 底床ベース2
 魚の捕獲器
 冷却ファン
 低温対策パイプ
 流木レイアウトの組み
 AXY450ライトの改造
 Co2強制添加器(1)
 Co2強制添加器(2)
 小型水槽の保温
 ミニS水槽のセッティング
 MB200のセッティング
 Accident[問題と対策]
 白点病記
 白点病対策ー最新
 水草導入でエビの危機
 シダ病
 コケとの闘い(1)
 コケとの闘い(2)
 油膜
[自作と工夫]小型水槽の保温(2007年4月6日更新)

小型水槽で頭を悩ませるのが保温。なにしろただでさえ狭いスペースに水草レイアウトをし、まして保温器具なんてどこに設置するの!?って感じ。小型水槽ブームとあって、水槽内設置型の小型ヒーターもでてきていますが、私にとっては、そもそも水槽内に設置するという発想からすでにボツ。そうなると、もうシート式の保温ヒーターしかありません。オーソドックスなのは『ピタリ適温』という商品です。これは水槽の下に敷くマットの加工により、完全にヒーター部分を隠せるというメリットがあります。温度設定はオート式(25〜29度)ですが環境によって管理温度が変りやすいため、温度をコントロールできないジレンマが生じるのがデメリットでしょう。

そこで私が選んだのが、トリオの『マルチパネルヒーターミニ8W』です。こちらは任意で温度調節ができます。ただし、温度調節部分が露出してしまうので見た目が気になるところですが、温度管理する上ではその方が使いやすいので、私はとくに気にしないことにしました。現状は設置場所にあわせて左サイドに温度調節部分をもってきましたが、そのうち様々な条件を考慮して設置しなおした時は、温度調節部分を背面にしようと考えているので目立たなくなると思います。

さて、今回パネルヒーターを使用したうえで、ポイントがあります。水槽のマットの上に保温効果を高めるために、保冷袋に使用されている断熱シートをカットして敷き、その上にパネルヒーターを設置しました。このアイディアは、スタイリッシュな水槽管理でいつも刺激をいただいています『Stylish Aqua』さんの2006年9月の日記に記載してあった中から参考にさせていただきました。

 

■2006年11月中旬、設置

パネルヒーターの温度設定は「中」に設定。今のところ水温は昼は26度、早朝は24度なので、まずまずでしょう。うちは幸い環境がよくて一番寒い時期でもリビングは18度を下回ることはありませんので、外気による影響は少ないほうですが、ただでさえ小さい水槽なので、さらに保温効果を高めるためにガラス蓋をしました。

 

■2007年1月初旬のレポート

下の写真の通り、ハムリックは全盛!絶好調。根元からあたためる保温シートは大変有効なようです。温度設定は、あまり高くしすぎると逆に根を傷めるかなと思い、水温が23〜24度くらいになるよう調整しています。ただ、パネルヒーターの特性で外温に影響されやすい。室温が低くなれば水温がやや下がり、逆に上がれば水温もやや上がります。そのため、あまり厳密にはしていませんが室温の変化が大きい時はなるべく注意して水温計をチェック。温度設定を微妙に上げたり下げたり時々しています。

■使用した感想(2007年4月)

やはり、温度設定のついたこのパネルヒーターを選択して正解でした。うちのように室温が高い環境でも、思った以上にパネルヒーターは外温に影響をうけていいたため、水温の変化にともなって温度設定を調整する必要がありました。温度固定式では、サブならともかく、おそらくメインでは対応できないでしょう。それにしても、いまの底床は上1/3は半年くらい、下2/3はもう1年近くたつにもかかわらず、底床肥料は一切使用しない状態で、上の1月の写真とかわらずハムリックは調子抜群ですからね。これほど、根元から保温する効果が高いと思ってもみませんでした。昔から底床から保温するラインヒーターやADAのグロスプレートがりますが、その存在意義がはじめて理解できた次第。こうなると大型水槽にもぜひ導入したいものですが、体積的に通常のヒーターとの併用になるのは間違いなく、維持コストがかなりアップすることが予測できます。…無理だなぁ、ただでさえ電気代がかさんでいるし。断熱シートだけでも敷くという手もありますが、夏場ば逆に冷却のネックになりそう。小型水槽と違い、簡単に取り外したりできないことを考えると、これもやめておいた方がいいのでしょう。

■商品情報:トリオコーポレーション『マルチパネルヒーターミニ8W』

■サイズ:160×160mm

■温度設定:小・中・高(25〜45度の範囲で任意温度に設定可能)

■作動状況:パワーランプのon/offで作動確認ができる

■機能:自己温度制御型(PTC)を採用した最新電子制御式ヒーター。サーモスタットを使用しないため制御温度差が少なく設定温度を少ない電流で一定に維持。床下に敷きやすい超薄型発熱部、傷付きにくい硬貨フィルムコート。ペットにやさしい遠赤外線を放射。プラグカバー付電源コード約2m。

任意の温度に設定できる床下用パネルヒーター。設置面と遠赤外線の両方で暖かい、ペットにやさしいヒーターです。温度設定範囲が広いので飼育環境に合わせてより細やかにコントロール、使用範囲も広がり、水槽・爬虫類・両生類以外に鳥・小動物などにも使用できます。

 

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.