GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Technical
←Top Page
 ←Title Page
 Skill[技能]
 光のことを考える
 水草育成の照明
 水質の基本
 水質の調整
 底床について
 添加剤や肥料について
 管理スケジュール
 機具について
 CO2添加方式図鑑
 メンテナンスの道具
 Size90のフィルター
 レイアウト素材:流木
 小型水槽マスター
 Diy[自作と工夫]
 底床ベース1
 底床ベース2
 魚の捕獲器
 冷却ファン
 低温対策パイプ
 流木レイアウトの組み
 AXY450ライトの改造
 Co2強制添加器(1)
 Co2強制添加器(2)
 小型水槽の保温
 ミニS水槽のセッティング
 MB200のセッティング
 Accident[問題と対策]
 白点病記
 白点病対策ー最新
 水草導入でエビの危機
 シダ病
 コケとの闘い(1)
 コケとの闘い(2)
 油膜
[技能]水草水槽の底床
(2010年2月8日最終更新)

■はじめに

厳密には、水槽のサイズや照明、ろ過、底床、立ち上げる季節や地域の水質、また水草の種類や植え込む量などの様々な条件や組み合わせにより、管理が違うものです。メーカーや雑誌や専門誌等にある立ち上げ方法のマニュアルはあくまでもアウトライン。実際は状況にあわせて管理方法をコントロールしなければなりません。

※ここでは、私が知り得た情報を実践したり工夫したり、試行錯誤を繰り返すなかの自己流(GRASSY AQUA流)をまとめています。だんだんその方法は規則正しくなってきていますが、あくまでも私が選んだ器具や素材を使っての立ち上げ方法です、ご了承ください。

 

■底床のセッティング(90cm水槽を例に)

※『中段』底床ベースと『下段』の底床活性剤の順番は、逆でもとくに問題ありませんし、混ぜてもOKです。

下段/底床活性剤を使用することで短期間で底床環境を活性化させてくれます。私が使用するのもはADAバクター100、ADAクリアスーパー、ADAトルマリンBC、ペナックW(アクアリウム用)等があります。これらを規定量、なるべく均一にまきます。中でもトルマリンやペナックの効能については多少謎な感じもしますが、嫌気的になりがちな水槽の底床の環境維持・改善の効果があるということから、水槽への効能というより私のメンタル面に有効だと考えてます(笑)

 

中段/底床ベースにはADAパワーサンド/Mサイズ2リットル、園芸用無調整軽石Mサイズや使い古したろ過材を合わせて約8〜10リットル敷いています。底床ベースは通常、90cm水槽で6リットルで十分といわれていますが、隙間があればあるほど通水がよく、バクテリアが活性化し、底床が嫌気化しにくいと考えるので、あえて厚くしています。また、最近は底床ベースを2年に一度の交換ペースなため、厚い方が目詰まりをおこしにくく、長期維持に向くからです。
この底床ベース配合は、立ち上げ初期によくおこる栄養富化による藻の発生の予防のためです(「[自作と工夫]底床ベース」も参考にどうぞ)。※園芸用の軽石のサイズはS・M・Lとありますので、水深によってサイズを選んでください。摩擦で破片や粉も付着しているので、使用前は濁りがとれる程度は洗うことをすすめます。

 

↑底床ベースの敷き方や組み合わせ、2005年秋セッティングのバージョン。一番下から『パミスM(4リットル)→パワーサンドM(2リットル)→パミスS(2リットル)→パワーサンドS(2リットル)→底床活性剤類』という具合に大粒から小粒へ地層のようなグラデーションにしました。この順番にした理由は、この上に敷くメイン底床のソイルがベースの隙間に落ちないようにするためにやってみました。

↑底床ベースの敷き方や組み合わせ、2008年1月セッティングのバージョン。うちでは、水道水の水質が弱アルカリ性なため、どうしても1年ごとにリセットすることになります。しかし、底床のセッティングは大変面倒。そこで、底床ベースとソイルの間に園芸用の大きな鉢底ネットを敷くことで、ソイルの粒が底床ベースになるべく落ちないようにしました。これにより、次回はソイル部分の交換だけですませるリメイクになります。底床ベース部分にはゴミや溶けたソイルが蓄積するため、このネットを挟み込む仕様でも状態よく維持するには2年が限界だと思っています。

 

上段/メイン底床。これまで様々なタイプの底床を使ってきましたが、今は主にADAアマゾニアを使用しています。他メーカーの似たタイプも実験的に使った事もありますが、やはりアマゾニアが一番使い勝手も効能もよいと感じています。通常、90cm水槽で9リットルの袋を3袋準備し、そのうち2袋半使用します。そしてソイルの効能が薄れる立ち上げ半年後くらいに残ったソイル(1袋の半分)を足すこともあります。※参考[ADAアクアソイル-アマゾニアの初期管理について

ソイルの底床は通常、1年ごとのリセットが適切です。 これは弱酸性の水質維持が前提な場合。 水草の頻繁な植え変えをせずにソイルの粒の状態を保ち、とくに水質の変化がなかったり(地域による)、PH低下剤を使用する場合、また中性や弱アルカリ性でも育成可能種を育成・飼育したりという場合ならば長期維持も可能なようです。

■GRASSY AQUAのポイントは、セッティング初期の栄養富化を防ぐことが優先で、底床肥料は初期セッティングでは一切使用しません。藻が発生することなくスムーズに初期を乗り切れさえすれば、肥料はあとからいくらでも足すことができるからです。

※上記の量 はすべて90cm水槽用です。うちの45cmキューブ水槽はこのすべて半分の量でセッティングしています。

 

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.