GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Tank Data
←Top Page
 ←Title Page
 History of Main Tank
 Size 120
 Size 45 cube
 その他
 Size 90(過去)
 Size 31 mini S(過去)
 Size 20 cube(過去)
 他 過去の水槽
その他/Size 40 球体

この巨大球体水槽は珍しいのか、時々問合せがあります。入手の経緯。「シャンドライの恋」という映画でみた球体水槽を妻がほしがっていたのですが、2000年ごろにようやく台湾でみつけ、意地で持って帰りました。一番初期はベタ トラディショナルを飼ってました。

 

↑ベタ トラディショナルのダブルテールというタイプみたいです。(2013年8月19日撮影)

↑前回の金魚でちょっとこりて大きい球体水槽は1年空にしてました。ところがこの写真の1週間前に妻が私に相談なく、ペットショップから連れて帰って来ました。中に入っているAn.バルテリーも一緒に。おかげでまた面倒をみなくてはなりません、やれやれ。ちなみに右のマリモ(大小4個)も妻が勝手に北海道のおみやげで昨年9月に持って帰ったもの。なんだかこれも順調に大きくなってきてます。(2013年8月19日撮影)

↑流金は順調に大きくなっていきましたがこの頃から時々逆さまになるように。調べると転覆病だということですが、原因の特定や治すのは難しいらしい。その後、逆さまでしかいられなくなり約1年、2012年夏に★になりました。(2011年9月17日撮影)

↑流金/飯田産。入手時で2歳。ブタキンこと丹頂は2003年の春から飼い、手の平ほどにも成長していましたが、2010年8月に亡くなりました。ブタキンは不思議なことに満月の度に血管が浮き出て血走り、その後ウソのように真っ白に戻ることを繰り返してました。亡くなった日も満月で血走ってました。夏の猛暑と老いで月の引力に耐えられなくなったのでしょうか?それでもうちに来た時が3歳くらいだったので10年は生きたことになり、寿命を全うしたと思いたい。そして11月半ばにこの子を迎えました。(2011年1月4日撮影)

↑巨大化して頭の赤があせてしまった丹頂。通称「ブタキン」。2005年11月27日撮影

↑丹頂。2003年6月7日撮影

水槽 約40cm×40cm×40cm 球体
照明 なし
底床 なし
ろ過 金魚の時は投げ込み式フィルター、ベタの時はなし
添加剤 カルキ中和剤
水温 室温管理(20〜32℃くらい)
水換

1週間に1度(全体の2/3)

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.