GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Report
←Top Page
 ←Title Page
 Aqua Goods[商品検証]
 Aqua Sunrise Plant
 Aqua Nano Plant
 SUPER BEAM'S
 TWINSTAR/まえがき
 >設置レポ1
 illumagic ComboRay
 illumagic Advance
 >M-120P レポ
 illumagic(旧タイプ)
 次世代ライト・LED
 インラインエアストーン
 フードタイマーを比較
 冷却ファンあれこれ
 T型ーCO2強制添加器
 Greens 直添キット
 ステンレスパイプ
 水創エナジー
 ソダーツF
 ドライアイス式CO2ボンベ
 手軽に水上葉を楽しむ
 ピートバン
 WaterPlant[水草検証]

 ホシクサ系

 Microsrium コーラル系

 エキノドルス ハムリック
 チェーンアマゾン
 ポゴステモン ヘルフェリ
 ウォーターフェザー(1)
 ウォーターフェザー(2)

 エラチネ検証(1)

 エラチネ検証(2)

 育成脱落編
[商品検証]SUPER BEAM'S
2013.8/14

手軽なソケット型のLEDランプはこれまでも市販されていますが、ヒートシンク(放熱処理用)の金属部分によりとても重く、また、数種のカラーLEDを混ぜることで演出色を高める方式がとられていますが色むらや白飛び等のデメリットがありました。

■LEDランプの進化型『SUPER BEAM'S』

カラーは、3000K(昼光色)と5000K(白昼色)。照射角度は、スポットの38度レンズタイプと広角の120度レンズタイプ。合計4種類あります。

Kind  LED Lamp
LED Chips  Citizen COB LED
Power  18W
全光束  1805〜1910 lm @480mA
Voltage  85-265V 50/60Hz
Beam  38° / 120°(±5%)
Longevity  35000h
Type  E26
Color  3000k / 5000k
演色評価  Ra83
Size  直径120mm × 133.3mm
Weight  322g
Material  Aluminum die casting
30cm照度  38°=23500 / 120°=13400 Lux
認証取得  PSE / CE / RoHS

〈光源とその利点〉
このSUPER BEAM'Sの光源は直径1.9cmの円形になんと96個のLED素子を密集させたCOB素子というもの。電球やメタハラのように点光源として発光し、さらに反射板を採用できるようになったため、消費電力18Wで非常に強烈な光を放ちます。30cm下の照度は、38度レンズで23500Lux、120度レンズで13400Lux。植物や水草の生育に威力を発揮する十分な明るさです。 また、LED球を多数装着した照明にありがちなフリッカーおよびノイズ等は一切発生しない特徴もあります。

〈手軽さ〉
一般的なE26ソケットに装着できます。水草水槽から植物の水上育成など、1基から複数基の設置まで必要に応じて手軽に設置・交換できます。

〈軽量化〉
反射板の採用とヒートシンクの軽量化によってクラス最軽量のランプを実現しています。これによってソケット部への負担を大幅に軽減することができて、とても扱いやすくなりました。

 

■植物・水草専用の高照度LEDランプ『SUPER BEAM'S』

全光束1805lm(最大)を誇る明るさと高演色性(演色評価指数Ra83)を両立することができました。従来の白色LEDに不足していた赤系波長を充実していることから、植物や水草本来の色を鮮やかに演出し、さらに赤系の光合成波長により健康的に育成することができます。

〈5000k/白昼色の波長〉

市販のアクア用LEDライトに比べ、波長480〜700までの相対発光強度の幅が広いのが特徴です。もちろん白昼色特有の450前後にピークをもちます。気になる色味は、一般的に5000kだとやや黄色みを帯びた表現力ですが、このLEDランプの場合は8000〜10000kくらいのクリアな表現力をもっています。 用途としては水草水槽や植物育成(ブセファランドラやアグラオネマ等)のメイン照明に向いていると思います。

 

〈3000k/昼光色の波長〉

5000kと同じく波長480〜700までの相対発光強度の幅が広く、さらにピークに高さがあります。全体的に光合成作用の波長に近い形状をもっているため、水草や植物の生育にとても向いた波長と言えます。ただし、色の表現力は黄色みが強いため、上記5000kランプや白色系ライトの補助灯としてや、水上植物の育成に特化したメイン照明に向いているでしょう。

※各波長グラフについては[水草育成の照明]を参照してください。
※水草水槽の使用例は[Size20cubeリスタート]を参照してください。

 

■目的に合わせて選べる『SUPER BEAM'S』

4種類のランプの実際の広角具合を撮ってみました。中央のゴミみたいなのは照射の中心の目印にアイビーをピンでとめています。グリーンの色味もわかるかな、と思ったのですが小さくてあまり意味がありませんでしたが(汗)。

〈5000k/白昼色/120度レンズ〉

〈3000k/昼光色/120度レンズ〉

120度レンズは20cm〜30cm水槽なら1球で、45〜60cmレギュラー水槽なら2球でよいと思います。あまり照度の必要がない水上植物育成でしたら少々広範囲でも1球で十分だと思います。

 

〈5000k/白昼色/38度レンズ〉

〈3000k/昼光色/38度レンズ〉

中央の照度が高いため、中・大型水槽の照度不足箇所への補助灯としてや、色揚げや演色のスポットに向いています。また水上植物育成には、中央に高照度が必要な植物を配置し、その周りに陰性植物を配置してもよいでしょう。

 

■その他に

〈安全設計〉
本体からの光漏れも全くなく、安全設計には電気機器器具で定めた保護等級がIP65で、蒸発による湿気やエアレーションによる飛沫などにも影響がない簡易防水型の保護ガラスが施されています。※38度レンズタイプには透明保護ガラス、120度レンズタイプには光の拡散効果を高める乳白色の保護ガラスです。

〈保証〉
PSE(電気用品安全法)を取得し、万が一の場合も修理ではなく、新品交換対応の1年間完全保証で安心。

 

■最後に

このSUPER BEAM'Sは、illumagicの日本代理店および開発にも参加されているジュン・コーポレーションさんが、そのノウハウを生かして企画・開発したLEDランプです。今回、私は本業のデザイナーとしてパッケージデザインでお手伝いさせていただきました。

個人的には水草水槽なら20cm〜30cm水槽に、また、今流行なアグラオネマ等の水上植物のメイン照明にとてもぴったりだと思っています。初期導入にはちょっぴり高価な気がしますが、長期的にはコストパフォーマンスはよいはずです。
ただ残念なことにというかすごいというか初回ロットは1ヵ月ほどで120度レンズタイプが売り切れてしまってます(2013年6月下旬より)。なのでレポートの公開をひかえていたのですが、そろそろ次のロットがあがってくる予定なのでようやくアップしました。入荷しましたらまたトップページのバナーでお知らせしますね。

 

↑上に戻る

 

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.

 

いんせ a