GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Photo Album
←Top Page
 ←Title Page
 2015年 NEW
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
 2007年
 2006年
 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 Endler's
 Cryptocoryne
 Echinodorus
 Bucephalandra
 Aquatic Plant etc.
2004年の写真記録

↑Size90。新レイアウト用の主役の魚達が揃ったので記念撮影。これからますます水草に勢いがつき、魚達もなじんで鮮やかになるでしょう。(2004年11月28日撮影)

↑新レイアウト用に新しく入手した魚のうちの一部、白点病だったので一時的にトリートメント・タンクを立ち上げました。実は、最初から白点病なのは承知のうえで、どうしても欲しかった種類なので無理を言ったのです。白点病くらいなら治す自信があったので。今回の薬は、グリーンF・クリア。ほとんど治りかけだったのですが、念のため5日ほど様子をみます。(2004年11月22日撮影)

↑10/30にSize90メイン水槽をリセットしました。1週間後に撮影しましたが、まだ濁ってます。底床のしくみや厚さ等、隣の45cmキューブ合わせて平坦にしました。構図自体はオーソドックスですが、流木の組み方や使用した水草は私にとってはチャレンジ系です。さて、想定通りに成長してくれるだろうか…(2004年11月7日撮影)

↑照明を変更したこどで『Renewal Concept ! 2004秋』は完結です。(2004年10月中旬撮影)

↑セットから約1カ月後のSize45cube。写 真左は、窓側に面した正面。絶好調です!いつまでたってもガラスにコケひとつ付きません。底床部分、わかるでしょうか?今回、長期維持をめざして底床ベースをいつもの倍の厚さにしてみました。底部分の循環をよくすると、バクテリアが活性化して嫌気化を遅れさせられると考えたからです。写 真右は、内側の正面 になります。こちらの前景はもう少し。(2004年10月上旬撮影)

↑Size90。ブリクサショートリーフ、もりもり。右後ろに新たに植えてたナヤスも調子よく密生してます。(2004年10月上旬撮影)

↑書斎に増設した本棚。狭い部屋なのですが視覚的に少しでも広く見えるよう、パースペクティブがかかってみえるようなデザイン。IDEEの代理店をしているショップに設計/施工していただきました。本棚の一番下には、Sise30cubeのクマノミ水槽を組み込みこんでいます。(2004年10月施工、2006年3月18日撮影)

↑Size90。(2004年9月27日撮影)

↑Renewal Concept ! 2004秋(2004年9月上旬撮影)

↑Size90。今年の夏バージョンの背面 (テーブル側から) 。 (2004年6月下旬撮影)

↑Size90。背景は、クリプトコリネ・ レトロスピラリスを残してエキノドルス・アングスティフォリアを抜き、前景部分もヘアーグラスを抜いて整理。水の質感が引き立つ、スッキリした夏バージョンにリメイクしました。(2004年6月上旬撮影)

↑Size90。夏バージョンの右側面 です。(2004年6月上旬撮影)

↑Size90。中央の流木のミクロソラム・ナローリーフsp(原種の細葉ミニタイプ)。半年がかりでようやくこんなふうに自然感をかもしだして成長中。葉の長さは、せいぜい7〜8cmくらいと極小。影の箇所でも育成してみてますが、そちらはだいぶ葉が長くなりました。どうやら強光の方が見た目がよく育ちます。 (2004年5月中旬撮影)

↑Size60の中央部分の前景です。最近またインディアン・クラススラを復活させました。おくのゴイヤスドワーフロタラレッドとの対比を楽しんでいます。今回手に入れたインディアン・クラススラは、以前のものより少し小さく育ちます。大きさは、ヤマトヌマエビのしっぽと比べてください。たぶん、前のは「カンタン産」、今度のがインディアンでしょう。(2004年5月中旬撮影)

↑ゴールデンウイークに3泊4日で北海道へ。千歳から入り、レンタカーで道央自動車道経由、美瑛→富良野を通って狩勝峠を越えて帯広→石勝樹海ロードを越えて札幌、とまわりました。あきれるくらい広くて美しく、国内旅行を見直した充実な旅でした。(2004年4月末〜5月上旬)

↑Size90。コンテスト用の撮影後からしばらくたったくらいです。エキノドルス・ハムリックは、光が強い部分は葉は短く低めなのですが、他の草の影響で光が弱くなってくると光を求めるように多少長くなることがわかりました。また、エキノドルス・アングスティフォリアがかなり密生してきました、ヤバイ。多少レイアウト変更します。 (2004年4月上旬撮影)

↑Size90。コンテスト用に撮影。 (2004年3月撮影)

↑Size60(2004年1月撮影)

↑そろそろ完成が近づいてきたSize90の右面 から 。いっそのこと、この面を撮影してコンテストに出品しょうかと思うくらい、いい感じ。正面 の写真は、完成して出品用に撮影したらUPします。もうしばらくです。 (2004年1月中旬撮影)

↑リセットから3カ月。どうです、エキノドルス・ハムリックの前景もここまで密生しました。 (2004年1月中旬撮影)

 

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.