GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Concept
←Top Page
 ←Title Page
 Main Tank
 2011年11月
 2011年3月
 2010年3月
 2007年12月
 2004年10月
 2004年9月
 Size 120
 2011年3月
 Size 45 cube
 2007年10月
 2007年1月
 2005年11月
 Size 90
 2011年1月終了
 2009年11月
 2008年11月
 2008年1月
 2006年11月
 2005年10月
 2005年5月
 2004年10月
 2003年10月
 2002年9月
 2002年3月
 2001年9月
 2001年1月
 2000年6月
 Size 20 cube
 2013年10月終了
 2013年5月リスタート
 2010年8月終了
 2007年8月
 2006年3月
 Size 60 cube
 2004年9月終了
 2003年9月
 2002年4月
[Size60]セッティング2002年4月)

正直な欲望としては、たくさんの水草レイアウト水槽や、様々な水草の種類を育成したいことです。でも現実は住居スペースや時間の都合上、自粛しざるをえません。この趣味をお持ちのほとんどの方が同じようなジレンマをお持ちだと思いますが…。

本題とずれた前ふりですが、もう少しおつき合いください。部屋の中にある4本の水槽のうち、本意のものは現状では90cm1本です。90cmのメイン水槽はそんなに頻繁にレイアウトをかえないものの、リメイクする度に新しい水草にチャレンジし、前からある水草のうち使用しないものがでてきます。すべて気に入った水草ばかり。今回使用しなくても次回使いたいかもしれません。メイン1本を維持するためにも、未使用水草のストック水槽の必要性がありました。その思いのたけを妻に懇々と説明し、ようやく同意をもらい設置できることになりました。設置場所は、あまり頻繁に使っていない書斎の片隅です。あくまでも水草のストックが目的なのですが、インテリア性を重要視する妻のことを考えると使用する器機のデザイン性は必須、でもある程度コストをおさえることも需要です。そうなると、インターネットショピングとインターネットオークションでコストダウンに試行錯誤したのでした。

 

■60cm水槽セッティング(2002年4月21日)

1)底床ベースは自作を2リットル。その上に、ADAバクター100、ペナックWを規定量 敷き、テトライニシャルスティックを10粒ほどを各半分に折り、均等に敷く。メインの底床は、ADAアクアソイル・アマゾニア通 常タイプを約8リットル。

2)植栽する水草はすべて90cm水槽から。水草は、ロタラグリーン、ロタラインディカ、ハイグロフィラ、パールグラス、プラントロックに巻いたシリア、インディアン・クラススラ、ゴイヤスドワーフ・ロタラ、グロッソスティグマ。水草のストックタンクなのですが、それでも一応レイアウトをしようと思って下記の設計図を考えてからから植え込みました。凹型レイアウトにし、遠近を表現する工夫もしました。

4)水は状態のよい90cm水槽から1/2程度入れる。以外は中和した新規の水。バクテリア発生を促すために、ADAのグリーンバクターを適量 添加。

5)ろ過器はエーハイム2113。6年間連続使用しているもので、ろ過材はエーハイメック(物理ろ過、ろ過材全体の1/3程度)をこれまで使用していたものをかるくすすいでそのまま流用(バクテリア付着でろ過の立ち上げを早くするため)し、以外のろ過材(生物ろ過材)2/3は、ADAのバイオリオ2リットルを新規でセット。最上部には綿 を少し使用。

 

■管理

1週目 水槽の1/2分の25リットル(バケツ約3杯)を毎日換水。水は薄ら白色化し、濁っている。
2週目 2日に1回水槽の1/3分の18リットル(バケツ約2杯)を水換え。ヤマトヌマエビを6匹入れて様子をみる。ヤマトヌマエビはすべて調子がよさそうに水草をついばんでいるので、その3日後に6匹追加。※水槽サイズに合わせて、ヤマトヌマエビは小さめ(雄)ばかりを選んで入れた。
2週目中旬 水草はとても調子よく、ロタラ類とハイグロフィラは水面 で流れるくらいに伸びてきた。それを含めたすべての水草をトリミング。相変わらず、水は薄ら濁っている。
3週目 3週目に入ってすぐ、アンモニウム濃度が突然上がる。これは予定通 りのなりゆきだが、数日前の水草のトリミングにより栄養分の吸収が少なくなったことが、引き金になったと思われる。この週は、毎日25リットル(バケツ約3杯)を水換え。水質は最悪のわりに、エビたちの調子はよいようだ。その後4日ほどでアンモニウム濃度は嘘のようになくなる。
4週目 ろ過材のバクテリアが正常に働きはじめたせいか、やっと水が透明になってきた。きつかった水換えも、通 常維持ペースの1週間に1回1/2の水換えになりホッとした。

※水変えの度にADAグリーンバクターを3滴、メネデールをキャップ半分添加。 CO2は、グラスカウンターで1秒に2〜3滴。

↑2002年7月撮影/3ヶ月ほどたっています。トリミング後なので後景がさびしいですが前景は超良好。

今回は、一部ろ過材と立ち上げの水をバクテリアが活動中の水槽から移行したこと、春から初夏にかけての気候がよい時期もあり、まれにみるスムーズにな立ち上がりでした。コケ類はまったく発生せず、ガラス面 にさえほとんどつきませんでした。頻繁な水変えも効果があったといえます。出し入れ合わせてバケツ4〜6杯ですむ60cm水槽だから90cmよりも随分楽でした。丁寧にゆっくりしても1回10分ぐらいですみまず。どんなに疲れてても、後々コケによる苦労を思えば、これくらいなんでもありせん。コケに悩まされると本当に胃がいたくなりそうなんですよね。

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.