GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Concept
←Top Page
 ←Title Page
 Main Tank
 2011年11月
 2011年3月
 2010年3月
 2007年12月
 2004年10月
 2004年9月
 Size 120
 2011年3月
 Size 45 cube
 2007年10月
 2007年1月
 2005年11月
 Size 90
 2011年1月終了
 2009年11月
 2008年11月
 2008年1月
 2006年11月
 2005年10月
 2005年5月
 2004年10月
 2003年10月
 2002年9月
 2002年3月
 2001年9月
 2001年1月
 2000年6月
 Size 20 cube
 2013年10月終了
 2013年5月リスタート
 2010年8月終了
 2007年8月
 2006年3月
 Size 60 cube
 2004年9月終了
 2003年9月
 2002年4月
[Size20cube]リスタート
2013.5/6

■リスタート

ジュン・コーポレーションさんの企画で新型LEDランプが発売されることになり、サンプルが届いたので検証も含め3年ぶりに小型水槽を立ち上げることにしました。

 

■外掛式フィルターに挑戦

水草水槽はとにかくろ過能力の高さが重要だと考えていたので、以前の20cmキューブでも「Technical/小型水草水槽マスター」の通り外部式フィルターにこだわっていました。ただ次に機会がある時はもう少し手軽なセッティングにしてみたい思い、外掛式フィルターを少しいじって使うことを思いつく。この手の情報は2000年以前からあり、実践したことはありませんでしたが、自分なりに最適化してみました。

使う外掛式フィルターはNISSOのマスターパル1。音がうるさいという悪い話しはよく聞きますがろ過槽が広いのが魅力です。1,000円ちょいとリーズナブルで一応、ロングセラーなので、ま、我慢できない程ではないでしょ。新品ですが1ヵ月前から出しっ放しでセッティングできずにいたのでほこりをかぶってます(汗

たいしていじるわけではありません。はじめに上写真の3つを準備しました。
左からフタのロゴの右下にドリルで6.5mmの穴をあけます。これはCO2添加用。
真ん中は鉢底ネットのカットしたもの。サイズとカットの形状は使う場所に合わせてます(下写真参照)。ただ最終的には不要になりましたが。
右は付属のろ過材バックをばらして網だけにしたものです。

で、下の写真のように使います。カットした鉢底ネットはモーターとろ過槽の仕切りです。ろ過材はエーハイサブスロラットプロのスモールとレギュラーを混ぜたもの。別の水槽で使っていたものなので立ちあがりは早いはずです。

壁掛けフィルターの改造仕様は人それぞれでいろいろです。ろ過材の種類を変えたり、できるだけ多くのろ過材を入れるためにモーター槽や出水槽にまでつめる方もいます。でまず私はろ過槽通る通水性を落としたくないと考え、給水側と排水側のスペースはあえて生かしてみました。

フタに空けた穴はにCO2ストーンを通します。排水側のスペースの底部分に収まるようにしました。

あとはちょちょいです。底床はペナックWとバクター100とクリアスーパーをまいて残っていたアマゾニアをしきました。もう少し厚くしたいので近日、買い足します。ライトは4タイプあるうち、白色5000k広角タイプを使用。まだ水が濁ってるので黄色くみえますが視覚的には8000kくらいです(LEDランプのレポートはまた別にかきます)。

小一時間でセッティングを終え、早速作動。
げっ、…う、うるさい…。マスターパル1、こんなにもうるさいとは。一晩たってもうるさいので翌朝、モーター部分にエーハイサブストラットのラージを詰めてみる。振動を吸収するかな、と思って。あとフタもビビッてたのでゴム板を挟んで対処。結果はまあまあ治まったかんじ。幸いセッティングした書斎を出れば聞こえないレベルなので妻に文句は言われないと思うものの、なにしろ私の仕事机の真後ろ。やっぱエデニックシェルトしかないかな。我慢できるか少し耐えてみます。
さて、私のセオリーだと1ヵ月は水草を植えないのですが、今回はバクテリア付のろ過材を使用したし、この程度なら仕事の合間に水換えくらいできるので2週間後に水草を植えられるように調整しようと思います。また進展したら更新します。

 

■水草植栽(2013.5/14)

けっきょく水換えは5日に1回くらいペースでしかできてません。でもバクテリア付のろ過材がよいのと、意外にフィルターが強力なので少し水流をしぼっているくらいなのですが水がとてもクリア。珪藻も生える気配がないのでソイルを少し足して水草植えました。後景にブリクサショートリーフ、前景右奥にゴイヤスドワーフロタラレッド、右前にキューバパールで左前はNEWラージパールを植えました。あと水上用に手に入れたウトリクラリアsp.インディアンレッドがあまったのでなんとなく中景に植えました。単に水草の生育を見たかっただけなのでとくにレイアウトもへったくれもないです。
水中に気泡がたくさん舞ってますがまだCO2添加のコックは開けてません。この外掛けフィルターの特性なのか空気がとても溶け込むため、もう少しこの状態で水草の生長の様子をみてみます。

 

■水草植栽、その後(2013.6/28)

水草を植えてから1ヵ月半たちました。植栽後2週くらいまで水換えを3回しましたが、その後、繁忙期に入って余裕がなくなったので今日まで足し水のみで水換えは一切してません。5月末からはガラスフタはやめてオープン状態にしてます。気温が上がったせいもありますが、とくに設置環境が四方に囲まれているので照明点灯時は水温が高く31度は下らない状態がずっとです。こうした悪条件の中でも内側のガラス面は1度もメンテしてませんがまったくコケが生えず、もちろん水草にもです。ちなみに生物は気休めにもならない程度で、レッドラムズホーンの中サイズを5個くらいとミナミヌマエビ中サイズを5匹くらい入れているのみです。壁掛けフィルターながらマスターパル1でのろ過能力は非常に高いので引き続き使っていくことにしました。そういえば蒸発で水が減った時は滝状態になるのでさすがに前面のソイルがえぐれるため、給水の調整を半分にまで絞ってます。
水草は、3週くらいまでCO2添加なしで様子をみてましたが、酸素の溶解だけではさすがに成長がよくなかったのでCO2添加を開始。とたんに気泡をつけ、状態があがりはじめたところです。水温が高すぎるからだと思いますが、キューバパールだけはいまいち。
今後の予定は、蒸発がはげしくて3-4日に1度は足し水しているくらいなので、水温が高くても冷却ファンは設置しないでいこうと思ってます。また、ここまできたらこの小さい水槽で水換えせずにどこまでいけるかですね。今回は単にLEDランプのレポ用に一時的に立ち上げたのですが、少なくてもこの夏が終わるまではこの20cmキューブは維持してみます。

 

■終了〜まとめ(2013.10/1)

5月に立ち上げ、10月までのちょうど半年間維持し、撤収しました。けっきょく5月末から足し水のみで一度も水換えをしませんでしたがガラス面や水草にはほぼまったくコケが生えませんでした。正直、ここまでなのは初めてです。

理由として考えられるのは、
◎本棚内に設置していたため外光が入りにくかったこと
◎カリウムや肥料を無添加
◎外部式フィルターなものの、ろ過容量が大きかったこと
だと思います。

それにしても非常に過酷な条件でもありました。冷却ファンなしで少なくても6月半ば〜9月前半までは昼も夜も1日中、水温は34度を下回ったことはありません(室温は33度前後ですが)。本棚のボックス内なのでライトが点灯するとLEDといえどさらに2度以上は上昇していました。水草はCO2添加はあるものの肥料なしで2〜3ヵ月この高温状態にもかかわらず、溶けたり枯れなかったことに驚きました。さすがに成長はゆるくなり、だいぶ萎縮化はしましたが。

最後、撤収時にフィルターの状態を記録。非常に生物ろ過がきいていたのがみてとれます。異臭もまったくありません。マスターパル1の弱点、騒音もろ過が絶好調になった2-3ヵ月あたりから半減し、私的にはゆるせる範囲に落ち着きました。目が詰まってビビリがなくなったからでしょう。
LEDライトのSUPER BEAM'Sについては、ブリクサショートリーフが赤みをおびていたのでわりと有効だったことがわかります。さすがにゴイヤスドワーフロタラレッドは真っ赤になりませんでしたが、Fe添加とCO2添加を多めにして水温管理もちゃんとしないと本来の成長をみせてくれないので、まぁこれでもたいしたものでしょう。

さて、小型水槽でやり残した方法を試し、私的には結果もまずまず。そもそも2006年にはじめて立ち上げた20cmキューブでの水草水槽は単にスキルアップが動機でした。小型水草水槽は壁掛けフィルターの進化とともに昔からチャレンジされた方が多く、それを参考に私なりに噛み砕いて最良になるように組んできたシステム。ほとんど失敗がなかったのも、惜しみなく情報公開されてきた方々のおかげでもあります。感謝します。

これでしばらく小型水草水槽はやらないでしょう。たぶん次は老後かな。その頃はまた新しい可能性が出てるかもですね。太陽スペクトルのアクア用有機EL照明とか。h_ahli

 

↑上に戻る

 

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.

 

a