GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Concept
←Top Page
 ←Title Page
 Main Tank
 2011年11月
 2011年3月
 2010年3月
 2007年12月
 2004年10月
 2004年9月
 Size 120
 2011年3月
 Size 45 cube
 2007年10月
 2007年1月
 2005年11月
 Size 90
 2011年1月終了
 2009年11月
 2008年11月
 2008年1月
 2006年11月
 2005年10月
 2005年5月
 2004年10月
 2003年10月
 2002年9月
 2002年3月
 2001年9月
 2001年1月
 2000年6月
 Size 20 cube
 2013年10月終了
 2013年5月リスタート
 2010年8月終了
 2007年8月
 2006年3月
 Size 60 cube
 2004年9月終了
 2003年9月
 2002年4月
[Size45cube]リメイク(2007年1月)

↑リメイクから31日目(2007年2月4日撮影)

 

■「リセット」ではなくて『リメイク』(2007年1月7日)

というのは、単にリセットまでする気力がなかったことと、前回は底床ベースを3cm以上と厚めにしていたため、底に汚れがたまっているものの、まだ通水スペースが2/3程度は確保されていたことから、まだ使えると判断しました。底床ベースの上部から1cm程度の古いソイルを残し、新しいアマゾニアを1袋半ほど新たにいれます。まあ、ほとんどリセットのようなものです。

そもそも前回は底床のメインに使った『マスターソイル』によって、下草にかぎって全然育成してくれませんでした。しかも、10カ月目くらいに突如、水が白色化するほど濁りはじめた始末。マスターソイルは、やたら透明度を保つほどの吸着性でしたが、なんらかの原因でおそらく溜め込んだ汚れを吐き出しはじめたようなのです。ただ、この時、どうしても底床を交換する時間がとれなかったので、フィルターの一部に活性炭をもちいて、この日までごまかしていました。では、作業内容。

SIZE45cubeの心臓部、クラシックフィルター2215。この機会にインペラー部分をばらして丁寧に掃除しました。水漏れを防ぐためにもOリング部分の掃除も綿密に。ろ過材は、かるくゆすぐ程度にとどめて、活性炭パッドのみ交換。

古いソイルを出し、ガラス面の内側の水アカやコケを丁寧に掃除してから新しいソイルを入れます。水を入れるときもちイイ〜。

SIZE90のフィルターを新しくしてから初公開のキャビネット内。荒れて見えますが、これでも整理しているつもりです。ここにSIZE90とSIZE45cubeのフィルター、そして5kgミドボン等のほとんどの機材が入ってますから、これで精一杯なのです。

さて、SIZE45cubeのフィルターをスタート。え…、排水パイプに接続した多機能CO2拡散器の付近から水漏れが…。原因はCO2チューブの接続部分でした。シリコンパイプを多機能CO2拡散器に結束バンドで固定していましたが、それでもCO2の圧力と水圧からでしょう。写真のように締まりのよい耐圧チューブを継ぐことで解決。

植え込みも終了。今回は好きな水草をさらに優先的に種類をしぼりました。「グリーンロタラ」「レッドクロスプランツ」「アラグアイア ミズマツバ」「ロタラ マクランドラ ナロー」「ロタラ sp. ナンセアン」「レッド ルドウィジア」「ブリクサsp.ビルマ ナローリーフ」等。前景はまだなにも植えていません。なにか新しい下草にチャレンジしようかどうか思案中。

■下草決定(2007年1月14日)

SIZE45cubeの前景に植える水草、結局あまり気になる水草がないのでポゴステモン・ヘルフェリーに再挑戦することにしました。季節的にもいいし。最近、だいぶ安価になってきたせいか人気みたいで、いざとなると見当たらなかったのですが、ようやくトロピカのよいポットが手に入りました。1ポットあたり大小あわせて10株はとれました。トロピカは、やっぱりハズレがないなぁ。

ポゴステモン・ヘルフェリーは、「Report/ポゴステモン・ヘルフェリー日記」の下の方に以前からの続編として育成記録をスタートしました。

 

■総評(2007年2月7日)

今回は底床ベースとフィルターができあがっていたため、非常に立ち上がりがよく、とくにトラブルもありません。目立ったコケも生えないので、もともと入っていたレッドチェリーシュリンプのみでヤマトヌマエビ部隊の出撃は今回はなしでした。

そういえば、ひとつ気になったのがADAのアクアソイル・アマゾニアのこと。最近のってなんか初期のフミン酸の出が以前より多くありません?5年も年に4〜5袋のペースで使い続けていてはじめて意識したくらいですからね。こないだのSIZE90のリメイクの時もなんとなく感じましたが、流木を沢山いれていたこともあるので確信はなかったのです。しかしSizs45cubeは底床のみですからね。状況解説をすると、今回のSize45cubeの管理ペースは、最初の2週は週に2回の水換えで、あとは通常通りの週1回に。初期の2週間くらいは、けっこう茶色く染まっていました。今はリメイクから1カ月たちますが、週末にはまだ薄茶になる状況。そろそろ気にならなくなるような感じですけどね。そもそも私の疑問を裏付けるように、なにを今さら的にADAのサイトで「ADAアクアソイル-アマゾニアの初期管理について」なんてページが追加されています。憶測はありますがあえてコメントはひかえますけど。

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.