GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Concept
←Top Page
 ←Title Page
 Main Tank
 2011年11月
 2011年3月
 2010年3月
 2007年12月
 2004年10月
 2004年9月
 Size 120
 2011年3月
 Size 45 cube
 2007年10月
 2007年1月
 2005年11月
 Size 90
 2011年1月終了
 2009年11月
 2008年11月
 2008年1月
 2006年11月
 2005年10月
 2005年5月
 2004年10月
 2003年10月
 2002年9月
 2002年3月
 2001年9月
 2001年1月
 2000年6月
 Size 20 cube
 2013年10月終了
 2013年5月リスタート
 2010年8月終了
 2007年8月
 2006年3月
 Size 60 cube
 2004年9月終了
 2003年9月
 2002年4月
[Size90]リセット
(2009年7/27、8/12、11/2更新)

■2009世界水草レイアウトコンテストに向けて(2008年11月3日)

恒例、コンテスト用90cm水槽のレイアウト考案から。構図素材は、3ブロック構成のDriftwood Artです。実はこの作品がきっかけで2008年夏からGRASSY AQUAでDriftwood Artを取扱いするようなり、私にとっては思い入れもひとしお。

はじめてこの流木アートから受けたイマジネーションはマクロな水景。そもそもこれまで私は水中を切り取ったような実物大のレイアウトに執着してきました。しかし、イマジネーションが鮮烈で、なんだか想像力を狭めるこだわりが馬鹿馬鹿しくなって吹っ切れた次第。

これまでは、イラストレーションでレイアウトの設計図を描いていましたが、今年は2Dで実写っぽく。使用予定の水草テクスチャーをつくり、流木アートを組んだ写真を切り抜いたレイヤー上にペタペタ張りつけて製作しています。いつもより簡単、材料を揃えたらものの数十分で完成したくらい。どうぜ実制作で調整するから、あくまでもイメージをつかむためのものです。

このところリセット→リメイク→リセット…のペースにしていて、今回はリメイクの番なので少し楽ちんです。底の方は古いソイルを残すこともありますが、今回は底床ベースを残してソイルは取り除きました。前回、底床ベースとソイルの間にネットを敷いていたのがかなり有効でした。

すっかり盛土が定着しました。下の写真は2週間後。リセットの回だと水草の活性化が早い感じで立ち上がりもスムーズ。

↑2008年11月16日撮影

魚はディープレッドホタルテトラの単泳のつもりでしたが、徐々に落ちていくことと思ったより臆病。そこでレッドテトラを追加。相性はよいみたいで、ケンカもしないし、ディープレッドホタルテトラもビクビクしなくなりました。そしてレッドテトラは自然繁殖をはじめ、とくになにもせずとも少しづつ増えています。(2009年1月3日撮影)

キューバパールグラスは絨毯になるまで2カ月半でした。出だしの成長は非常に遅いですが、2カ月くらいたつと急に早くなった印象。(2009年1月18日撮影)

↑そしてこれがコンテストに出品した写真です。(2009年5月24日撮影)※クリックで大きい画像が開きます。

↓上の写真の拡大です。Flashデータにしていますので、全体を見ることができます。写真上の右か左にカーソルをのせると指カーソル変るので見たい側をクリックしてください。

 

結果と感想:自分の満足度とは別に、今回もまた微妙な結果。毎回、こんな結果ばかりなので過去を振り返り、表にしてみました。初応募の2002年は第2回世界水草レイアウトコンテストからです。自分の位置がわかるように全応募数からの比率を統一してます。どうやら私のレベルは中の上〜上の下くらいみたいです。それにしてもこうしてみると2005年作品は飛び抜けて悪い。あれは構図は非常に気に入っていましたが選択した中景草がまずかった…、それも実力ですか。しかしまあ、いくらやったってこの程度な気がしてきました。次回作品のレイアウトはすでに考案済ですが、このまま自分の趣向をつらぬき通すべきなのか。それとも結果を重視して壁をぶっ壊すか。悩みます(でも今回の作品は少し壁を壊したつもりだったのですが、汗)。

追記/今回の作品集をみましたが昨年と同じ感想をもちました。やはり全体的な順位がなんか変だと。あくまでも私の感覚なので、失言だと思ってください。それにしてもネイチャーアクアリウムを提唱・確立した天野氏の審査結果が一番気になる。そんな作品集が別冊で出たらすごくおもしろいだろうなぁ、ありえないけど…。

 

[2009年7月27日現在のデータ]
タイトル Ventilation path(風の道)
水槽 ADAキューブガーデン90-P(W90cm×D45cm×H45cm )
照明

AQUTE CRYSTAL SHINE 70W ×2灯(10,000K球)(タイマー管理:平日12時30分〜20時30分まで点灯、土日12時30分〜21時00分まで点灯)

底床ベース ADAパワーサンドM(2リットル)+パミスM(4リットル) +パミスS(2リットル)
底床添加剤 ADAバクター100、ADAトルマリンBC
底床 ADAアクアソイル アマゾニア ノーマル(約30リットル)
添加剤・肥料

カルキ中和剤、自作カリウム溶液、efish ソダーツFe

ろ過器 EHEIM プロフェッショナルII 2028
ろ過材

ウールパッド、エーハイ サブストラット プロ スモール、エーハイ サブストラット プロレギュラー、エーハイメック

CO2 GREENS 直添キット(グラスカウンターで1分/60滴、12時30分〜21時00分まで添加)
エアーレーション GREENS 直添キット(21時00分〜12時30分まで稼動)
水温管理

保温26度:GEX TRUSTY 300、冷却28度:NISSO ぴたっとファンM

水換 1週間に1度(全体の1/3)
魚種 ファイヤーテトラ、ディープレッドホタルテトラ、オトシンクルス ネグロ
その他生物 ミナミヌマエビ、アルジーライムシュリンプ、レッドチェリーシュリンプ、レッドラムズホーン
水草 ヘミアントゥス カリトリコイデス、ヘアーグラスショート・ベレン、グロッソスティグマ、南米ウィローモスタイプII、クリスマスモス、ハネゴケsp.カメルーン、スパイキーモス、ウォーターフェザー、ゴイヤスドワーフロタラレッド、ベトナムゴマノハグサ科、ヘアーグラス、エレオカリスビビパラ、アヌビアス ナナ プチ
メモ

■2008年11月3日/リセット。■11月14日/釣りの生餌用のミナミヌマエビ160匹導入。■11月15日/ディープレッドホタルテトラ導入。■11月24日/ヒーターを交換。■11月29日/ファイヤーテトラ導入。■2009年1月18日/ミナミヌマエビが徐々に減り、増殖する様子もなくおそらく導入時の半分以下になったと思われる(導入前の飼育環境との違いからだろう)。アルジーライムシュリンプ20匹とレッドチェリーシュリンプ20匹導入。■2月1日/エアポンプの排出量低下でポンプ交換。■5月24日/ヒーター撤去。コンテスト用に撮影。■6月3日/ろ過材メンテナンス。

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.