GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Concept
←Top Page
 ←Title Page
 Main Tank
 2011年11月
 2011年3月
 2010年3月
 2007年12月
 2004年10月
 2004年9月
 Size 120
 2011年3月
 Size 45 cube
 2007年10月
 2007年1月
 2005年11月
 Size 90
 2011年1月終了
 2009年11月
 2008年11月
 2008年1月
 2006年11月
 2005年10月
 2005年5月
 2004年10月
 2003年10月
 2002年9月
 2002年3月
 2001年9月
 2001年1月
 2000年6月
 Size 20 cube
 2013年10月終了
 2013年5月リスタート
 2010年8月終了
 2007年8月
 2006年3月
 Size 60 cube
 2004年9月終了
 2003年9月
 2002年4月
[Size90]リメイク(2006年11月)

■2007世界水草レイアウトコンテストに向けて(2006年11月23日)

回を重ねるごとに考え過ぎている懸念から、今回はとくに自分が好きなシダ系を思う存分に自由にレイアウトすることを念頭におきました。

流木は数年前から秘蔵していた大型2本を倉庫からひっぱりだしてきました。流木の配置は入手時から左図の上か下だろうと考えていましたが、構図性よりも広がりを優先して左下図の配置を採用。

で、毎年お決まり、イメージを膨らませるためのイラスト化。後ろの底床をかなり高く盛土して強制的に奥行き感をだすことにします。流木の太い幹と私にしては珍しく石使って土をせき止めることにしました。石は、山谷石を大小11kgくらい使用。

※山谷石について:ADAより発売。角の立った荒々しい形で、青みを帯びた深い色合い。一番の特長は、pHや硬度の上昇がないことだろう。ソフナイザーを使用しなくてもよいというのは、コスト面でも維持管理の手間からしても大変メリットがある。ただ大きいものでせいぜい15cm程度なので、大小を組む石組みにはせいぜい60cm水槽くらいまでのような気がする。もちろんアイディア次第でレイアウト水槽サイズは問わないが。どちらかというと流木と組み合みわせるのに向くようなかんじだ。比較的、割れやすいのでハンマー等を使用してサイズ調整もきく。

 

さて、実際のレイアウトはほとんど感覚をたよりにレイアウトしましたが、結果的には前もって描いていたイラストとほぼ同じになっています。想定外だったのが左の流木が思ったより奥行きがあってこの位置が限界。それに合わせて右の流木は枝の位置のバランスとるように配置しましたが、はやり、もう少し左にあるハズの太い枝がほぼ中央にあるのは、肝心の空間が少し死んでるようで、ちょっと心残りです。完成した下写真は、コンテスト用に2007年5/11に撮影したもの。

↓クリックで大きい画像が開きます。

↓上の写真の拡大です。Flashデータにしていますので、全体を見ることができます。写真上の右か左にカーソルをのせると指カーソル変るので見たい側をクリックしてください。

 

レイアウトの解説です。まず後景に植栽している水草は、中央部分にオーストラリア・ドワーフヒドロコティレ(後にヤマトヌマエビの食害にあい、ブリクサショートリーフに変更)、両サイドにクリプトコリネのゲッコーとリアルグリーン。あとポタモゲトン・ガイ、ポタモゲトン オクタンドルスを乱雑に植栽。草むらというより、人が立ち入れないような薮をめざしました。(2007年2月4日撮影)

中景部分はシダ類のステージ。ボルビティスsp.、ミクロソリウムsp.スモールリーフ、ミクロソリウムsp.本ナロー。水景をより広くみせたいので小型のシダにこだわりました。この類はどれも極端に成長が遅く、しかも手に入りにくいことから数年かけて増やしてきました。(2007年2月18日撮影)

底床は後ろを約16cmと厚くし、流木や石で土止め。前景部分は6cm程度と薄めにし、段差を極端にした構造です。ヒーターは左側面中央くらいの高さに設置。こうしたことから最下部と最上部の温度に差が生じました。温度管理のサーモは26度設定で、最上部の水温は26度、最下部は23度と温度差は約3度あります。空気と同じくあたたかい水は上にたまるからです。

もともと全体の完成時期の調整をする意味で、下草の植栽はセッティングから約1カ月後に計画。下草を植えるまでは、栄養富化・淀み・低温等の悪条件にみまわれて、アオミドロが発生することから、水換えの度に丁寧にアオミドロを吸い出す対処をしていました。そして、予定のグロッソを植栽。量は少なめに30〜40節くらいを1節づつ5cm間隔程度と広く間隔をあけて植えました。少なめの植栽と低温のせいで、2カ月後でも左記写真の通り、前景のグロッソはまだまばらです。アオミドロは、グロッソが繁殖しはじめると、ウソのように発生しなくなりました。(2007年2月18日撮影)

結果と感想:2007世界水草レイアウトコンテストの結果は、1142応募者中209番でした。作品集をみましたが、どうもこれで分相応なよう。なにしろ今の私の感性からだと、上位作品にはほとんどピンときませんでしたが、100〜300番中には「なんでこの作品がこんなランキングなの?」って感じで、私がビビッとくるレイアウトがたくさんあるんですよね、マジで…。しかし、私は道とか滝とか木のある風景を模写する水景はどうも苦手。でもそこを割り切れば上位入賞の可能性がみえてくる!?…って、いやいや、なにを考えてるんだか。アーティストの端くれとしても、ここは自分のスタンスをつらぬくのだ!目指すは、世界のどこかの川底にあってほしいと願う水草のある水景を、まさに切り取ったような「ネイチャーアクアリウム」なのだから。

[2007年9月のデータ]
タイトル 峡路(かいじ)
水槽 ADAキューブガーデン90-P(W90cm×D45cm×H45cm )
照明 ADA ソーラーI(12時30分〜20時30分まで点灯)
底床ベース ADAパワーサンドM(2リットル)+ADAパワーサンドS(2リットル)+パミスM(2リットル) +パミスS(2リットル)
底床添加剤 ADAバクター100、ADAクリアスーパー
底床 ADAアクアソイル アマゾニア ノーマル(約30リットル)
添加剤・肥料

カルキ中和剤、アイアンボトム、カリウム、テトラ イニシャルスティック

ろ過器 EHEIM プロフェッショナルII 2028
ろ過材

エーハイ サブストラット プロ スモール、エーハイ サブストラット プロレギュラー、麦飯石

CO2 GREENS 直添キット(グラスカウンターで1分/60滴、12時30分〜20時30分まで添加)
エアーレーション GREENS 直添キット(21時00分〜12時30分まで稼動)
水温管理

26℃(GEXセフティアップオートヒーター300W)※夏は、NISSO ぴたっとファンMを使用(27度設定)

水換 1週間に1度(全体の1/3〜1/2)
魚種 ダイヤモンド・レッドペレズテトラ、レッドファントムテトラ・ルブラ、レッドファントムテトラ 、グリーンネオンテトラ、ガージナルテトラ、レモンテトラ、インパイクティスケリー、オトシンクルス・ネグロ
その他生物 ヤマトヌマエビ、レッドチェリーシュリンプ、レッドラムズホーン
水草 グロッソスティグマ、南米ウイローモス、ブリクサショートリーフ、クリプトコリネ・ゲッコー、クリプトコリネ・リアルグリーン、ポタモゲトン・ガイ、ポタモゲトン オクタンドルス、ボルビティスsp.、ミクロソリウムsp.スモールリーフ、ミクロソリウムsp.本ナロー、ブセファランドラsp.

 

[2008年1/5 現在のデータ]
タイトル 峡路(かいじ)
水槽 ADAキューブガーデン90-P(W90cm×D45cm×H45cm )
照明 AQUTE CRYSTAL SHINE 70W ×2灯(10,000K球)(タイマー管理:平日12時30分〜20時30分まで点灯、土日12時00分〜20時30分まで点灯)
底床ベース ADAパワーサンドM(2リットル)+ADAパワーサンドS(2リットル)+パミスM(2リットル) +パミスS(2リットル)
底床添加剤 ADAバクター100、ADAクリアスーパー
底床 ADAアクアソイル アマゾニア ノーマル(約30リットル)
添加剤・肥料

カルキ中和剤、アイアンボトム、カリウム、テトラ イニシャルスティック

ろ過器 EHEIM プロフェッショナルII 2028
ろ過材

エーハイ サブストラット プロ スモール、エーハイ サブストラット プロレギュラー、麦飯石

CO2 GREENS 直添キット(グラスカウンターで1分/60滴、12時30分〜20時30分まで添加)
エアーレーション GREENS 直添キット(21時00分〜12時30分まで稼動)
水温管理

26℃(GEXセフティアップオートヒーター300W)※夏は、NISSO ぴたっとファンMを使用(27度設定)

水換 1週間に1度(全体の1/2)
魚種 ダイヤモンド・レッドペレズテトラ、レッドファントムテトラ・ルブラ、レッドファントムテトラ 、グリーンネオンテトラ、ガージナルテトラ、レモンテトラ、インパイクティスケリー、オトシンクルス・ネグロ
その他生物 ヤマトヌマエビ、レッドチェリーシュリンプ、レッドラムズホーン
水草 グロッソスティグマ、ブリクサショートリーフ、クリプトコリネ・ゲッコー、クリプトコリネ・リアルグリーン、ポタモゲトン・ガイ、ボルビティスsp.、ミクロソリウムsp.サンダーリーフ、ミクロソリウムsp.本ナロー、ミクロソリウムsp.ナローナロー、ブセファランドラsp.、クリナムアクアチカ ナローリーフ

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.