GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Concept
←Top Page
 ←Title Page
 Main Tank
 2011年11月
 2011年3月
 2010年3月
 2007年12月
 2004年10月
 2004年9月
 Size 120
 2011年3月
 Size 45 cube
 2007年10月
 2007年1月
 2005年11月
 Size 90
 2011年1月終了
 2009年11月
 2008年11月
 2008年1月
 2006年11月
 2005年10月
 2005年5月
 2004年10月
 2003年10月
 2002年9月
 2002年3月
 2001年9月
 2001年1月
 2000年6月
 Size 20 cube
 2013年10月終了
 2013年5月リスタート
 2010年8月終了
 2007年8月
 2006年3月
 Size 60 cube
 2004年9月終了
 2003年9月
 2002年4月
[Size90]リセット(2005年10月)

■2006世界水草レイアウトコンテストに向けて(2005年10月8日)

恒例のレイアウト設計図のイラストも沢山かきました。リセットの前日までしぼった2案のどちらにしようか散々迷いましたが、シンプルな方にすることにしました。

今年は主に、リセット後の1ヵ月間の初期管理をご紹介。

日程
管 理
10/8-土

前回のレイアウトは、アマゾンにこだわり、川底の一部分を切り取ったような原寸大の水景を目指しました。そして今回、やっぱり原寸大のスタンスは維持したまま、プラス、ストーリーを感じるレイアウトにしたいと考えました。タイトルは『命の息吹』。イマジネーションのもとは、昨年、秋に旅した屋久島の原生林、そして屋久杉の朽ちゆく巨木の株です。

午後からリセット作業。フィルターの清掃、底床の交換、レイアウトなどの作業後、水を満水。

水草はまだ植えていない。流木が浮くのでプラントロックLサイズ2コで重石をしている。水は白く濁っている。

9-日

午前中、一旦、水を2/3くらい抜いてから水草を植栽。今回、レイアウトに使用する主な水草はヘアーグラス、ブリクサショートリーフ、パールグラス、ロタラマクランドラ。ヘアーグラス以外はぜんぶ自家栽培もの。

前景の広いスペースにヘアーグラスを沢山植えた。ヘアーグラスは、ばらして密生させて植える方法と、束で植える方法がある。1cmくらいの束を4〜5cm四方間隔で植えると密生が速いということを聞いたので、試してみた。しかし、なんだか田植えみたいで初期はカッコ悪い… その後、水を満水。

10-月
夜、1/2水換え。
11-火
夜、1/2水換え。
12-水
忙しくて水換えさぼる…
13-木
朝、1/2水換え。
14-金
朝、1/2水換え。
15-土

朝、1/2水換え。

だいぶ水が透き通 ってきた。ろ過材の流用で立ち上がりは早そうだ。

下の重石を取り除いた。上の重石の試みたがまだ流木が浮き、危うくレイアウトが壊れそうになった、あー驚いた。念のために1ヵ月はプラントロックの帽子をかぶっていてもらうことにした。この流木、入手時は重く、沈むと聞いていたが、1年も外で放置していたので、すっかり乾燥して軽くなっていた。果 たして沈んでくれるのか…

ヘアーグラスは束を中心に四方にランナーを伸ばしはじめた。

先週、忙しさにかまけて1日だけ水換えをさぼってしまった。そのせいかヘアーグラスに少し藻が生えはじめる。少々、早いがパイロットのヤマトヌマエビを5匹入れる。

16-日

朝、1/2水換え。

パイロットのヤマトヌマエビはとくに問題なく働いている。立ち上がりが順調なようなので水換え後に、残りのエビを入れ、合計約30匹。

17-月
18-火
夜、1/2水換え。
19-水
20-木

夜、1/2水換え。

パールグラスの葉が一部傷んで枯れてきた。葉がけっこう取れて舞っているので、気がついた時にネットですくっている。多分、重石と流木のせいで光不足なのだろう。サブ・ライトを検討したほうがいいかもしれない。ブリクサショートは、ひたすら順調。

21-金
22-土
23-日

朝、1/2水換え。

そろそろ、アンモニアや亜硝酸は落ちついてきているはずだ。エビも1匹もおちることなく快調に働いている。水もだいぶん透明になってきたので、ほぼ立ち上がったようだ。ちょっと早いが魚をもどした。もちろん、戻す際には水合わせを慎重におこなう。エアエーションしながら2時間くらい費やした。

24-月
25-火
26-水
夜、1/2水換え。
27-木
28-金
29-土
30-日

朝、1/2水換え。以降、週に1回の水換えペースに。フィルターのろ過材を前回のものを流用したため立ち上がりが早く、今回は3週間で初期管理を終了することにした。

  |
11/3-木

流木であまり光のあたらない部分のパールグラスの成長が思わしくない。中央から照射するメラハラの弱点だ。仕方がないのでサブ・ライトを入手した。興和システム NZ KS-CX 12000K(クリップタイプ)を選択。「気に入ったGoods」参照。

11/13-日 水面 に 油膜が多くはるし、ガラス面に藻もつきはじめた。どうもろ過機能がちゃんと働いていないと思われたので、プレフィルターをあけてみると、思いっきり水草の枯葉で目詰まりしていたのだった。そのため物理ろ過用のバイオキューブが潰れていたので、予備の麦飯石のろ過材と取り替えた。※その後、ろ過材を一部、みなおした。詳しくは「Technical/Size90のフィルター」を参考に。

↓※クリックで大きい画像が開きます。

2006年4月15日撮影。初回の撮影後、後景のパールグラスをすべて差し戻し、一度、トリミングを入れてからの2度目の完成です。初回時の水草の状態は、全体的にまとまっていますが、2カ月たつとさすがに乱れぎみですね。そのためこれ以上、雑多にならないように魚たちにはまとまって泳いでもらいました。今回は、サブライトを使用しなかったのでコントラストがはっきりしています。あと、めずらしく少し気持ちに余裕があったので、ドライヤー送風を使って左上の水面に波紋を表現してみました。

[2006.4月現在のデータ]
タイトル 生命の息吹
水槽 ADAキューブガーデン90-P(W90cm×D45cm×H45cm )
照明 ADA ソーラーI、LEDライト(12時30分〜20時30分まで点灯)
底床ベース ADAパワーサンドM(2リットル)+ADAパワーサンドS(2リットル)+パミスM(2リットル) +パミスS(2リットル)
底床添加剤 ADAバクター100、ADAクリアスーパー、ADAペナックW(アクアリウム用)
底床 ADAアクアソイル アマゾニア ノーマル(25リットル)
添加剤・肥料

カルキ中和剤、メネデール、アイアンボトム、カリウム、ソダーツF、水創エナジー、テトラ イニシャルスティック

ろ過器 エーハイム・クラシックフィルター2217、JAQNOプレフィルターL
ろ過材

〈2217〉粗目パッド1枚、麦飯石、ウールパッド1枚、活性炭

〈プレフィルター〉粗目パッド

CO2 パイプ接続型-CO2強制添加器(グラスカウンターで1分/60滴、12時30分〜20時30分まで添加)
エアーレーション 21時00分〜12時30分まで稼動
水温管理 26℃(GEXセフティアップオートヒーター300W)
水換 1週間に1度(全体の1/3〜1/2)
魚種 ダイヤモンド・レッドペレズテトラ、レッドファントムテトラ・ルブラ、レッドファントムテトラ 、グリーンネオンテトラ、レモンテトラ、オトシンクルス・ネグロ、アベニーパファー
その他生物 ヤマトヌマエビ、レッドチェリーシュリンプ
水草 ヘアーグラス、ブリクサショートリーフ、パールグラス、ミクロソリウムspナローリーフ、ボルビティスsp、ポタモゲトン・オクタンドルス、ロタラマクランドラ・ナローリーフ、南米ウイローモス

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.