GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Concept
←Top Page
 ←Title Page
 Main Tank
 2011年11月
 2011年3月
 2010年3月
 2007年12月
 2004年10月
 2004年9月
 Size 120
 2011年3月
 Size 45 cube
 2007年10月
 2007年1月
 2005年11月
 Size 90
 2011年1月終了
 2009年11月
 2008年11月
 2008年1月
 2006年11月
 2005年10月
 2005年5月
 2004年10月
 2003年10月
 2002年9月
 2002年3月
 2001年9月
 2001年1月
 2000年6月
 Size 20 cube
 2013年10月終了
 2013年5月リスタート
 2010年8月終了
 2007年8月
 2006年3月
 Size 60 cube
 2004年9月終了
 2003年9月
 2002年4月
[Size90]リセット(2004年10月)

■2005世界水草レイアウトコンテストに向けて(2004年10月30日)

今回、レイアウトをするにあたって一番念頭においたのが、最近流行っている「自然の景色を模写 したようなレイアウト」や「トリミングによって人工的に形成するレイアウト」をやらないということでした。目指したのは、本来のネイチャーアクアリウムというべく川底の一部分を切り取ったような原寸大の水景です。そして、テーマは初心にもどって憧れのアマゾンに。という経緯で安直ですが作品タイトルは『アマゾン水景』。

↑2005年4月24日コンテスト用に撮影

使用した水草は、ハイレベルのレイアウターには普通 すぎて見向きもされないようなアマゾンソードやチェーンアマゾンをあえて中心にし、他の水草ものびのび存在してくれるようなタイプを選びました。こんな類いで形成したため、多少雑然と草むらのようになりましたが、各水草たちの気質でつくりあげてくれた自然観あふれる原寸大の水景に仕上がったと思います。私の役目は、水草たちが健やかに育つ環境づくりと、凹構図を維持するためにちょっと手をくえたことくらいです。

上はレイアウトのために毎年恒例でつくる計画図です。この図、実はレイアウト後に手直ししています。左手前のサンタレン・ドワーフニムファの位置には、はじめ、赤系のエキノをメイン・プランツ的に1本配置していたのでした。そしてトロピカ社製のレッドスペシャルというエキノを選んだのですが、これがスクスク巨大化…。あわてて赤系の南米産ニムファに変更した次第です。

構図のポイントとしては、雑多になりがちな水草ばかり選んだので、とくかくほっておいても 凹型が保てるように多めに下草スペースを確保したこと。それと多少は奥行がでるように下草スペースを『Z型』にすることを考えつきました。これは個人的にかなり良いアイディアなのではと思っていますが…。

管理面での主なポイントは、とにかく下草の『Z型』スペースにEchi.グリセバキーのランナーが進出しないように制御することにつきます。Echi.グリセバキーはホントに元気が良すぎ…。

反省点。Echi.グリセバキーはずっと少なくてよかった。一番上のレイアウト直後の写真の通り、ちょっと変った流木の組み方をせっかくしたのに、最終的には大部分が隠れてしまっています。それに、全体的に選択した水草がおおづくりであったことで、ずいぶん雑然としてしまいました。もっと小振りなものを選んでいればより計画図にそったレイアウトが完成していたと思います。水草水槽としては健康的でよいですが、レイアウト水槽としては失敗作だと思っています。

作品タイトル 『アマゾン水景』
水槽 ADAキューブガーデン90-P(W90cm×D45cm×H45cm )
照明 ADA ソーラーI(12時30分〜20時30分まで点灯)
底床ベース ADAパワーサンドM(2リットル)+ADAパワーサンドS(2リットル)+パミスM(4リットル)
底床添加剤 ADAバクター100、ADAクリアスーパー、ADAペナックW(アクアリウム用)
底床 ADAアクアソイル・アマゾニア・ノーマル(25リットル)
添加剤・肥料 カルキ中和剤、メネデール、テトラ イニシャルスティック 、カリウム
ろ過

エーハイム・クラシックフィルター2217〈ろ過材〉粗目パッド1枚、麦飯石、ADAバイオリオ、活性炭パッド1枚、ウールパッド1枚

補助濾過/JAQNOプレフィルターL〈ろ過材〉ADAバイオキューブ20

CO2 興和システム/CO2ストーン(グラスカウンターで1秒に約3滴、12時30分〜20時30分まで添加)
エアーレーション テトラ エアーポンプS-30 (21時00分〜12時30分まで稼動)
水温 26℃(JUNカンパニー/コンパクト クーリングファンをエヴァリス/EVサーモ100Cで管理)or(GEXセフティアップオートヒーター300W)
水換 1週間に1度(全体の1/3〜1/2)
魚種 ダイヤモンド・レッドペレズテトラ、レッドファントムテトラ・ルブラ、レッドファントムテトラ 、グリーンネオンテトラ、コリドラス・ピグマウエス、オトシンクルス・ネグロ、アベニーパファー、ヤマトヌマエビ
その他生物 ヤマトヌマエビ
水草 アマゾンハイグロ(ポルトベーリョ)、エキノドルス・グリセバキー、サンタレン・ドワーフニムファ、アマゾンソード、ブロードリーフ・アマゾン、エイクフォルニア・ラコニア、ツーテンプル、ハイグロフィラ・ポルスペルマ・セイロン、ニードルリーフ・ルドウィジア、ルドウィジア・ブレビシプス、ヘテランテラ・サンパウロ、南米ウイローモス

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.