GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Concept
←Top Page
 ←Title Page
 Main Tank
 2011年11月
 2011年3月
 2010年3月
 2007年12月
 2004年10月
 2004年9月
 Size 120
 2011年3月
 Size 45 cube
 2007年10月
 2007年1月
 2005年11月
 Size 90
 2011年1月終了
 2009年11月
 2008年11月
 2008年1月
 2006年11月
 2005年10月
 2005年5月
 2004年10月
 2003年10月
 2002年9月
 2002年3月
 2001年9月
 2001年1月
 2000年6月
 Size 20 cube
 2013年10月終了
 2013年5月リスタート
 2010年8月終了
 2007年8月
 2006年3月
 Size 60 cube
 2004年9月終了
 2003年9月
 2002年4月
[Size90]リセット(2002年9月)

■2003世界水草レイアウトコンテスト出品目指して(2002年09月15日)

待に待った涼しくなりはじめる9月、次回コンテストに向けて、まる2年ぶりに90cmメイン水槽のリセットです。ずっと長期維持がコンセプトでしたが、前回のリメイクでコンテスト参加に目覚めてしまいました。好条件での水草育成とレイアウトの変更のことを考えると、毎年リセットすることになりそうです。今回の計画は前回のリメイク後から約1年もの準備期間の末、満を期しての決行です。

2002.9/15
作業内容
8時
リセットの作業開始。すべて電源を抜き、ろ過槽はバクテリアの酸欠防止に水を抜いて涼しい場所に移動。水草を抜き、水を減らしながら魚やエビを捕獲。
11時
底床を取り除き、食酢(白く付着したカルシウムをとるため)をつかって内側を清掃。2年ぶりのガラスの箱。
12時

底床をセット。底床ベースによく洗ったMサイズのパミスを2リットル×2袋、Sサイズのパミスを1/2袋。Sサイズ2リットルのパワーサンドスペシャルをしき、バクター100、クリアスーパー、ペナックWを規定量添加。

メイン底床はアクアソイル・アマゾニア、20リットル入れる。長期維持に不向きなアマゾニアはこれまで敬遠していたが、これからは1年ごとのリセットになりそう。水草育成を第一にアマゾニアにした。

13時

 

準備した設計図をみながら流木をセットするが予定の位置になかなか定まらない。やっと底床が湿る程度にゆっくり水を注入すると地盤がゆるんで流木の位置が崩れる。補正するのに四苦八苦…(イラストと下にある完成後の写 真を比べると大して差がないように思われるかもしれませんが、私にとってはとってもこだわりがあったのです)

14時
バックの水草のみ植え込んでさらに水を注入。水を入れてから流木をいじったせいで水の濁りがひどい。多少、流木下の底床ベースが出てくるアクシデントも。
15時
水の濁りのせいで、水草の植え込みを中段する。
21時
水の濁りがとれてきたのでもう一度、流木位 置を微調整する。

流木の固定で手間取ったために1日で作業を終えるはずが次の日まで引きずってしまいました。

2002.9/16
作業内容
10時
水草植え込み再開。クリプト類を深めに植栽したので水が濁りはじめたので、水槽の半分水を換水する。
11時
すべて自家育成したテネルス、グロッソスティグマ等の前景を植栽。前のレイアウトからのものを整理しながら植栽したので、かなり時間がかかった。
15時
最後に流木のボルビティスの位 置を調整し、とりあえずレイアウト完了。

 

■その後の管理

はじめの2週間は毎日1/3〜1/2の水換えです。10日目前後に、定番のアンモニュウム濃度が急上しますが3日ほどでおさまります。その後、徐々に回数をへらしていき、1ヶ月後には通常の1週間に1度のペースに戻しました。ろ過材はかるくゴミを流した程度で流用しているので、立ち上がりよくコケに見舞われることもありませんでした。水換えは通 常バケツでするのですが、回数の多い期間はホースを使って蛇口から直接したので、以前より楽でした。

 

■反省点

流木の固定がうまく定まらなかったせいで随分時間のロスをしてしまいました(1日で終えるはずが2日間もかかった…)。また、流木の位置が定まるようにしたことで、はじめの構図と多少違う結果になったのが残念です。私は流木というレイアウト素材がとても好きなので、次回も必ず使用すると思います。次は、確実な流木の固定がテーマになることでしょう。これを解決すれば、よりスムーズで予定通りの作業展開ができると思います。

 

■出品用写 真の撮影(2003年1月18日)

今回のこの構想、約1年も前から計画していたのには理由があります。それは成長の遅いボルビティスをたくさん使用したかったからです。それでなるべく早い時期にレイアウトを考え、あらかじめレイアウトに使う流木にボルビティス活躍させて増やしていました。そして半年たってから今回のレイアウトを制作したわけです。レイアウトのために流木の向きや方向が変わるため、せっかく展開した葉はカットします。しかし根が完全に活着しているので新葉の展開は早く、4ヶ月後にはボルビティスも他の水草も生え揃って撮影することができました。

撮影時、中央からの光源なので、どうしても両サイドが暗くなります。それで60cm用の2灯式蛍光灯ライトを両サイドに配置し、光の強い部分はトレーシングペーパーで光量を調整しました。念のために試し撮りもしました。こうした準備をしたのが幸いし、昨年のような白くとぶ部分ができずに、まずまずな撮影ができました。でも、フラッシュのような強い光源でないためかやや魚が流れてしまっています。

作品タイトル『大樹の住処』 

水草:グロッソスティグマ、エキノドルス・テネルス、ミニ・マッシュルーム 、エキノドルス・ラチフォリウス、ブリクサ・ショートリーフ、ウイローモス、ミクロソラウム・ナローリーフ、ボルビティス・ヒュデロッティ、クリプトコリネ・ベケッティ、クリプトコリネ・レトロスピラリス、エレオカリス・ビビパラ

生物:ラスボラ・エスペイ、ラスボラ・ウロフタルマ、ラスボラ・アクセルロディ、オトシンクルス・ネグロ、ヤマトヌマエビ

[世界水草レイアウトコンテスト2003(124位 、入賞)]

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.