GRASSY AQUA
Grassy Aqua? Tank Data
Concept Photo Album
Technical Report Pickup Info
Plant & Fish Water Plant Journal Goods Link
Concept
←Top Page
 ←Title Page
 Main Tank
 2011年11月
 2011年3月
 2010年3月
 2007年12月
 2004年10月
 2004年9月
 Size 120
 2011年3月
 Size 45 cube
 2007年10月
 2007年1月
 2005年11月
 Size 90
 2011年1月終了
 2009年11月
 2008年11月
 2008年1月
 2006年11月
 2005年10月
 2005年5月
 2004年10月
 2003年10月
 2002年9月
 2002年3月
 2001年9月
 2001年1月
 2000年6月
 Size 20 cube
 2013年10月終了
 2013年5月リスタート
 2010年8月終了
 2007年8月
 2006年3月
 Size 60 cube
 2004年9月終了
 2003年9月
 2002年4月
[Size90]リメイク2001年1月)

■リメイクの検討(2001月1月上旬)

サジタリアの開花後、糸状の緑藻が発生しはじめました。下草の密度も限界で、底床が悪化してきたことと、濾過機能の低下からだと思われました。セットから8ヵ月。ここでピークは越えたと判断して、思いきってリメイクの検討をはじめました。

 

■水景コンセプト-1

最初のレイアウトの時は、なるべく育成している水草をベースにして、新たな水草購入をできるだけ少なくしましたが、このリメイクは、そうした制約なしで、できるだけ思いっきりやってみたいと取組みました。レイアウト構図は水槽の設置場所からして、やはり右側に比重を置くレイアウトです。リメイクによる新たな水景のコンセプトは生命の息吹きを感じる『原生樹』。やりたいことだけを前提に考えた図が下記の2案です。

下草だけは気にいっていたので流用することにしました。右はルドウィジアもいかしてみた。追加するものは、モス付の流木を3〜5本程、それにボルビティスとミクロソラム・ナローリーフを活着させます。

 

■濾過材の再検討

これまでは、スーパージェットフィルターES600に付属のバイオキューブ20と無煙炭でした。そもそも調子をくずしてきたのも濾過機能の低下が一因と思われたので、リメイク時に濾過材の検討もします。無煙炭はそろそろ限界と判断し、この部分の4?を変更します。このリメイクで流木を多様することもあったので、アクの吸着力抜群のNAカーボン230を検討しました。生物濾過への移行がスムーズともありましたので。また生物濾過といえばバイオリオですが、同じような機能のエーハイサブストラットの新品が残っていたので使うことにし、下の図のようにしました。フィルターの詳しくは[Technical/Sis90のフィルター]も参考にどうそ。

 

■水景コンセプト-2

早速材料を暢達しはじましたが、まずボルビティスが手に入りません。流木自体もよいものがショップに見当たりません。そこでインターネットオークションを利用することにしました。調達できたのは、巨大な流木1本、『原生樹』というコンセプトイメージに近いミクロソラム・ウインディロフを安価で大量 に手に入れることができました。それを元に、ラフを再考しました。流木は、小中サイズの流木3本おまけで余分に手に入ったものと、前回使用の2本も追加して描き直した設計図が下記です。

大木の根元付近にミクロソラム・ナローリーフの株を配置することも考えましたが、早急に手に入りそうもなかったので後々追加することにしました。この水景は『原生樹』という意味合いでは以前よりイメージが増したようでもあり、盆栽のようでもあり…。実際の完成後はもっと自然ぽくなるでしょう。

↑2001年2月撮影

↑2001年7月撮影

GRASSY AQUAの文章および画像の無断転載は一切、禁じています。
内容を引用等される場合は必ずご連絡ください。
COPYRIGHT (C) GRASSY AQUA ALL RIGHTS RESERVED.