45cm cube water tank

もともと好みの水草のストック水槽として維持していた45cmキューブ水槽ですが、マンション生活の後半はエキノドルスとブセファンドラの専用水槽となりました。しかし、ここに越してきて地下水のやや硬質の水質問題から生育せきる水草が限られ、シンプルなレイアウト水槽へと移行しました。大きくなりがちなピグミチェーンサジタリアもまるでアフリカンチェーンソードのように小型で密になり、中硬水でも育つ有茎草のニューパールグラスがメインです。エキノドルス水槽のなごりでグイアネンシスとオパクス ウルグアイ イボレが小型化してますがきれいです。
魚は、120cm水槽で数が減ってきたらこちらに移動させます。さしずめ老魚ホームです。現在、一番古い魚はテトラオーロで7年です。ただおそらく全部が当時から生きているのではなく、時々小さな個体がいるところをみるとこんなにタイトなのに水草の隙間でわずかに繁殖しているようです。その次に長生きなのはエリスロミクロンとレッドライン ラスボラで5年、こちらは繁殖してないのでだんだん数が減ってきてます。基本的に弱酸性を好む魚ばかりですが、120cm水槽よりも強力な濾過でとてもクリアな水質なので、老化した魚もより長生きする傾向があります。

2018年8月11日撮影/水面まで伸びたニューパールグラスと差し戻し。エキノドルス グイアネンシスの根元に埋め込んでいたおこし(肥料)が効いているのか、付近のピグミーチェーンサジタリアが伸びている。

2018年1月9日撮影

 

2015年11月〜現在の45cmキューブ水槽データ
水槽 レグラスフラットF450EX(W45cm×D45cm×H45cm )
照明 illumagic ComboRay CR-30 ×2灯、ADAアクアスカイ451(タイマー管理:12時30分~21時30分まで点灯)
底床ベース 人工芝を使ったオリジナル(my theoryに記事をかいたらリンクします)
底床添加剤 ADAバクター100、クリアスーパー、ペナックW
底床 プラチナソイル・ノーマル/8リットル×2袋
添加剤・肥料 カルキ中和剤、カリウム水溶液、ADAグリーンブライティ・スペシャルLIGHTS、テトラPH/KHマイナス(足し水の時の調整に使用)
ろ過器 吸水モーター:メガパワー9012用、ろ過槽:エーハイム・クラシックフィルター2215
ろ過材 エーハイ サブストラット プロ/スモール+レギュラーの混合
CO2添加 GREENS インラインエアストーン(グラスカウンターで1秒に約1滴、照明点灯時に添加)
エアーレーション GREENS 直添キット(22時00分~12時00分まで稼動)、水作 水心 SSPP-3S
水温管理 25~30℃前後(年中保温未使用、夏のみ冷却ファン使用)
メンテナンス 水換えは1年に1度のみ(全体の1/3)、週1回減った分の足し水。フィルターは年に1回、濾過材を濯ぎ、パイプ清掃。
魚種 ラスボラ・ヘテロモルファ・ディープブルー、テトラ オーロ、エリスロミクロン、レッドライン ラスボラ、アカヒレ
その他生物 ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、レッドラムズホーン
水草 エキノドルス グイアネンシス、オパクス ウルグアイ イボレ、ピグミーサジタリア、ニューパールグラス、ホシクサsp.ソーシャルフェザースター、ホシクサsp. MALAYATOOR

ピックアップ記事

関連記事一覧